• JP
  • EN
お問い合わせ

Oshima, Nishimura & Miyanaga PPC

  • 事務所紹介
  • メンバー紹介
  • 商標・意匠とは
  • ニュース
  • アクセス

西村雅子

経歴

津田塾大学学芸学部国際関係学科卒
津田塾大学大学院前期課程修了(国際学修士)
東京都立大学法学部法律学科(学士入学)卒
一橋大学大学院国際企業戦略研究科(知財戦略講座)
修士課程修了(修士”経営法”)

1992年 弁理士試験合格
2005年 特定侵害訴訟代理業務試験合格
2006年 特定侵害訴訟代理業務付記登録
2007年 西村&宮永商標特許事務所設立(2011年特許業務法人化)
2014年 大島・西村・宮永商標特許事務所設立

言語

日本語、英語

講演・講義

東京理科大学専門職大学院(知的財産戦略専攻)教授を兼任(2007-2012、2016-)
津田塾大学学芸学部情報科学科(知的財産概論)非常勤講師(2009-2011)
文化ファッション大学院(知財マネジメント論)非常勤講師(2007-)
日本弁理士会実務修習講師(2008-)
委員・公職歴
日本弁理士会中央知的財産研究所研究員(不正競争部会)(2000-2004)
弁理士試験委員(意匠)(2004, 2005)
日本弁理士会不正競争防止法委員会委員長(2006)
日本商標協会常務理事(判決研究部会部会長)(2003-2010)
日本商標協会理事(2003-)
AIPPI(JAPAN)編集委員(2011-)
弁理士試験委員(商標)(2014, 2015)
日本知的財産仲裁センター調停人・仲裁人・判定人候補(2013-)
日本知的財産仲裁センターJPドメイン名紛争処理パネリスト候補者(2015-)

論文・著書

「店舗外観の保護の可能性」日本弁理士会中央知的財産研究所 研究報告第16号、平成17年3月31日「不正競争防止法における表示に関する権利の実現」所収
「商標と意匠の交錯-両面からの保護の可能性を求めて-」(特集論説 意匠・商標をめぐる環境変化と企業対応)知財管理、Vol.56 No.3、2006年3月
「識別力の低い語の結合により識別力が認められる商標」知財管理、Vol.57 No.2、2007年2月
「商号を巡る商標問題―関連法規と判例からの考察―」知財管理、Vol.60 No.4、2010年4月
「商標権の消尽についての考察」知財管理、Vol.61 No.1、2011年1月
「商標法施行規則別表35類3に定める「商品の販売に関する情報の提供」の意義」判例時報2166号(判例評論647号17)平成25年1月1日
「商標登録が国際信義に反する場合とは―ターザン事件(知財高判平成24・6・27、平23(行ケ)10399・10400―」AIPPI(2013)Vol.58 No.2
Case Where Trademark Registration Goes against International Good Faith – “Tarzan” Case (Intellectual Property High Court judgment of June 27, 2012, AIPPI Journal, March 2013
「スポーツブランドの保護に関する一考察」パテント(2014年5月)
「ファッション分野での知財マネジメントに関する一考察」パテント
(2014年12月)

「商標法講義」発明協会(2010)
「最新判例からみる商標法の実務」(共著)青林書院(2006)
「最新判例からみる商標法の実務 II」(共著)青林書 院、(2012)
「知財戦略の教科書」(共著)秀和システム、(2013)

商標法講義
「商標法講義」  (西村雅子著) *正誤表
ブログ 「TrademarkShow」
トレードマーク・デザイン・弁理士の日常・知財教員の日常…

紹介

西村雅子弁理士は、当所の設立パートナーで、商標、意匠、特定不正競争の案件について、権利取得から係争に至るまで長年の経験及び実績を持つ。大学院等における教育、研究及び執筆活動も積極的に行っており、その知見及び成果を、国内及び外国のクライアントに対して、ブランド戦略上必要な種々の見解を提供するについて生かしている。

宮永栄

経歴

慶応義塾大学法学部政治学科 卒業
1996年 鈴榮内外國特許法律事務所勤務
1998年 弁理士登録
2003年 創英国際特許法律事務所勤務
2007年 西村&宮永商標特許事務所設立
2014年 大島・西村・宮永商標特許事務所設立

言語

日本語、英語

講演・講義

日本の商標制度及びマドリッドプロトコル制度
(WIPO主催 @タイ、バンコク)(2005)
米国商標実務とホットトピックス(トムソンロイター主催2008)
WIPO「商標等に関する常設委員会 オブザーバー」
(弁理士会代表)(2013)
WIPO「マドリッドプロトコルワーキンググループ オブザーバー」
(弁理士会代表)(2014)
東京理科大学専門職大学院(知的財産戦略専攻) 非常勤講師(2014-)

論文・著書

インド商標実務の概説
「インド商標実務の概説」  (発明推進協会)(監修)
「位置商標の保護」(「パテント」Vol. 68”2015”)

委員・公職歴

日本弁理士会
広報センター 副センター長(2002-2004)
水際対応委員会 副委員長(2005)
商標委員会(2006)
国際活動センター(2007)
常議員(2009-2010)
研修所 副所長(2008-2012)
商標委員会 副委員長(2013-2014)

弁理士試験委員(商標)(2009-2010)
日本知的財産仲裁センター調停人・仲裁人・判定人候補(2013-)
日本知的財産仲裁センターJPドメイン名紛争処理パネリスト候補者(2015-)

紹介

宮永栄弁理士は、当所の設立パートナーで、国内外を問わず多種多様な依頼者の商標案件をこなす。特に外国の商標制度の理解は高く、過去に160か国以上の外国商標制度を研究した経験を持つ。国際会議への参加も定期的に行っており、外国法律事務所とのネットワークは誰よりも広範である。マスメディアからの取材も多く、実務を行っている傍ら、専門職大学院で講師活動も行っている。

田畑浩美

経歴

横浜市立大学商学部経営学科 卒業
1989年-1998年 横浜市役所企画財政局勤務
2006年 弁理士登録
2006年12月-2007年4月 横浜市内の特許事務所勤務
2007年 西村&宮永商標特許事務所勤務
2014年 大島・西村・宮永商標特許事務所勤務

言語

日本語、英語

委員・公職歴

日本弁理士会
意匠委員会(2006)
広報センター(2007)
商標委員会(2008)

紹介

田畑浩美弁理士は、公務員を経て弁理士となった異色のキャリアの持ち主で、主に日本における商標実務を行っている。商標調査・出願・異議申立の他、ライセンスや譲渡交渉、商標に関する争訟に関しても経験豊富である。取扱分野も多岐に亘っており、ファッション、IT、化粧品、材料、飲食業界における商標事案を多く手掛けており、適切な商標管理、権利化方法、商標更新について助言を行っている。

柴田泰子

経歴

東京都立大学法学部卒業
2003年 光陽国際特許事務所勤務
2006年 弁理士試験合格/同事務所退職
2007年 弁理士登録/大島厚商標特許事務所
2008年 特定侵害訴訟代理業務試験合格
2009年 特定侵害訴訟代理業務付記登録
2014年 大島・西村・宮永商標特許事務所勤務

言語

日本語、英語

委員・公職歴

日本弁理士会
商標委員会(2010, 2011, 2013)

紹介

柴田泰子弁理士は、国内及び外国依頼者の商標・不正競争対応の業務を行っており、国内及び外国の商標法制度に精通している。世界的に著名な企業の商標を長年手がけている他、エンターテインメント、ファッション、化粧品、エレクトロニクス、材料、IT等その知識範囲は広範に及ぶ。商標等に関するライセンス・契約についても経験豊富で、著作権やドメインに関する相談も受けている。

佐々木香織

経歴

国士舘大学法学部現代ビジネス法学科 卒業
国士舘大学大学院総合知的財産法学研究科総合知的財産法学専攻
修士課程 修了
国士舘大学大学院総合知的財産法学研究科総合知的財産法学専攻
研究生 修了
2015年 大島・西村・宮永商標特許事務所勤務

言語

日本語、英語

委員・公職歴

日本弁理士会
商標委員(2016-)

紹介

佐々木香織弁理士は、国内の案件を中心に商標及び意匠に関する業務を行っている。判例や審決について知識豊富であり、新商標やデザインについて研究熱心である。商標手続関係の他、商標採択から権利行使まで総合的な提案を可能とする。

ブラタネック サラ

経歴

トロント大学教養学部 卒業
トロント大学法科大学院 法務博士課程 修了
慶応義塾大学法科大学院 文部科学省研究生
慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程 修了
2009-2010年 カナダ オンタリオ州司法省 入省
2013年 慶応義塾大学法学部非常勤講師
2014年 日本国内の大手保険会社勤務

言語

日本語、英語

委員・公職歴

カナダ オンタリオ州弁護士
米国 ニューヨーク州弁護士

紹介

ブラタネックサラは、米国ニューヨーク州及びカナダオンタリオ州の弁護士で、外国依頼者の商標等の対応の他、国内依頼者の外国における商標法律対応の支援を行っている。日本での生活が長く、また、日本の商標制度及び実務を理解しているため、外国の制度・実務の違いを踏まえた説明を可能とする。

大島厚

経歴

立教大学法学部法律学科 卒業
1977年 水田法律特許事務所入所
1982年 弁理士登録
1981年 中村合同特許法律事務所入所
1991年 英国ロンドンのIP事務所において研修・研究
1993年 中村合同特許法律事務所パートナー就任
2005年 特定侵害訴訟代理業務付記登録
2005年 中村合同特許法律事務所パートナー退任
2006年 「大島厚商標特許事務所」開設
2014年 大島・西村・宮永商標特許事務所開設

言語

日本語、英語

講演・講義

INTA講師(日本の非伝統的標章の保護について)(1995)
WIPO「第1回周知商標に関する専門家会議」(日本商標協会・アジア弁理士協会代表)
弁理士会研修所講師(CTMと欧米の動向)、AIPLA講師(日本商標法改正について)(1996)
WIPO「第3回周知商標に関する専門家会議」(日本商標協会・アジア弁理士協会代表)(1997)
WIPO「第2回商標等に関する常設委員会」(弁理士会代表)(1999)
弁理士会研修所講師(マドリッドプロトコル加入と関連国内法の改正)
弁理士会研修所講師(国際的な商標の保護について)(2003)
APIC講師(周知・著名商標について)(2004)
IIPRP(New Delhi, India) “Journey From Trade Mark To Brand Equity” Seminar 講師
その他、米国商標法、国際商標手続等に関する講演多数
東京理科大学客員教授(専門職大学院 2010年)

論文・著書

(「日本商標協会誌」1,3,31,35号(1989,1989,1997,1998)、 IP Asia(1994)、 The Japan Technology Alert(1995-1997)、 「民事法情報」No.130(1997)、 Trade Mark World No.101(1997)、 「知財研フォーラム」Vol.36(1999)、 「パテント」Vol.53(2000) 同Vol.55(2002)、「欧米におけるリパッケージについて」(「パテント』2009別冊Vol.62)、「「注解・商標法」(青林書院・分担執筆)、「知的財産権辞典」(三省堂・分担執筆)、「米国商標制度の概要-商標登録実務を中心に-」知財管理2010.07. VOL.60 NO.7)「米国商標重要審判決」(知財管理2013. 3 Vol.63 No. 3)、「逆混同(Reverse confusion)」別冊パテント第8号 商標の基本問題-混同を巡る諸問題-)等

委員・公職歴

日本商標協会・常務理事(1995-2003)
日本商標協会・国際活動委員会委員長(1995-1998)
(財)知的財産研究所「国際商標委員会」委員(1997-1998)
(財)知的財産研究所「マドプロ委員会」委員(1998-1999)
弁理士会商標委員会・委員長(1998-1999)
(財)知的財産研究所・裁判外紛争処理手続(ADR)委員会委員(2000)
INTA: Legislation Analysis Committee(法律分析委員会)委員
JPドメイン名紛争処理手続パネリスト(日本知的財産仲裁センター)
(2000-)
AIPPI 商標議題委員会委員(2001)
AIPPI 団体標章・証明商標研究委員会委員(米国・カナダで調査・研究)
日本弁理士会・不正競争防止法委員会副委員長(2005)
日本弁理士会・不正競争防止法委員会・委員長(2007-2008)
日本商標協会理事(2005-)
中央知的財産研究所「商標の使用」研究部会・研究員(2007-)

topへ戻る