• JP
  • EN
  • FR
お問い合わせ

Oshima, Nishimura & Miyanaga PPC

ニュース詳細

トピックス一覧に戻る

改正意匠法 施行日 令和2年4月1日

11月1日に「特許法等の一部を改正する法律」の施行期日を定める政令が閣議決定され、令和2年4月1日から改正意匠法が適用されます。
改正内容は以下のとおりです。大幅な改正とユーザーフレンドリーが期待されますので、施行後に対応できるように準備を行っておくとよいでしょう。

1.保護対象の拡充
物品に記録・表示されていない画像や、建築物の外観・内装のデザインを、新たに意匠法の保護対象とする。

2. 関連意匠制度 ※の見直し
一貫したコンセプトに基づき開発されたデザインを保護可能とするため、
(ⅰ)関連意匠の出願可能期間を、本意匠の登録の公表日まで(8 か月程度)から、本意匠の出願日から 10 年以内までに延長する。
(ⅱ)関連意匠にのみ類似する意匠の登録を認める。

3. 意匠権の存続期間の変更
「登録日から 20 年」から「出願日から 25 年」に変更する。

4. 意匠登録出願手続の簡素化
(ⅰ)複数の意匠の一括出願を認める。
(ⅱ)物品の名称を柔軟に記載できることとするため、物品の区分を廃止する。

5. 間接侵害の拡充

topへ戻る